暑い家は、断熱改修・断熱リノベーションで涼しくなる

夏、暑い家は、遮熱・断熱すれば涼しくなる

「夏はクーラーをつけないと家に居られない」
「家にいると熱中症になりそう・・・」
「暑くて二階で眠れない」
「外出先から家に帰るとサウナのよう」

こんなお悩みを耳にします。

夏に室内が暑くなる主な原因は、断熱と遮熱(熱を遮ること)の不足です。
下の写真をご覧ください。真夏、一般的な住宅をサーモカメラで撮影した写真です。

高崎市の一般的な住宅:サーモカメラで見た右側の画像では、外壁は60℃、
室内は40℃を超えた。(写真:新住協)

太陽の日射による熱が、窓や屋根、壁から室内に入り込みます。写真のお宅では、外壁が60℃、室内は40℃を超えました。これでは、室内はサウナ状態ですから汗はダラダラで熱中症になっても不思議ではありません。日中の熱が室内にこもり、夜になっても特に二階では、寝苦しい環境です。

住宅全体の空気の流れが悪い場合にも熱がこもりがちになります。この点もあわせて夏を涼しく暮らすための断熱改修(断熱リノベーション)、4つの対策をご覧ください。

断熱改修を行う事で、よほどの猛暑日でなければエアコン無しでも心地よく過ごせます。
夜、寝苦しい日はほとんどなくなります。

夏、涼しく暮らす家にする断熱改修とは?

1.屋根(天井)と壁の断熱を強化

室内を涼しく保つには、屋根(天井)と壁の断熱強化が有効です。日射のあたる屋根(天井)や壁から室内に熱を入れない事と室内の涼しさを外へ逃がさないことが重要だからです。 具体的には、屋根(天井)と壁の断熱材を厚くします。天井の断熱は、セルロースファイバーの吹き込みます。壁の外に断熱材を付加する場合、壁内に断熱材を追加で充填する場合、壁内と壁の外に追加する方法、求める快適性とご予算を考慮して断熱の設計を行います。

屋根(天井)や壁内、壁の外側に断熱材を追加することで日射の熱を室内にできるだけ入れないようにする。また、室内の温度を保つためにも断熱材の追加は有効。
2.窓の断熱を強化

窓ガラスと窓枠(サッシ)を断熱性能の高い素材に変えることで外気温の影響を受けにくくなります。具体的には、二重ガラス(ペアガラス)や樹脂サッシや木製サッシの利用です。 気を付けて頂きたい点は、日射を防ぐからといって南側の窓までを遮熱ガラスにしてしまうと冬に弊害が出ます。冬、日射熱を室内に取り込めず、より暖房費がかかるようになるのです。 よって、夏の断熱と冬の日射熱の取り込み、このどちらも考慮して年間を通してより効率の良い窓の断熱設計が重要です。

窓ガラスを二重ガラスにしたり、サッシを樹脂製・木製にすることで室内の温度を一定に保ち、より涼しく暮らすことができる。
3.適切に日射を遮る庇や軒の設置

夏は、太陽が高くなりますから日射を遮る庇や軒の設置が有効です。これだけで真夏は室内に日射が入らなくなるため暑さ防止になります。

窓から日射が入り込まないよう太陽の高度を計算して適切な庇や軒を設置する。

庇や軒があっても9月には、住宅の向き・太陽の高度の関係で窓への日射を防げないことがあります。その場合、日本古来からの工夫である窓の外側にヨシズを立て掛けたり、軒からスダレを下ろす事が有効です。

4.空気の流れを改善する

設計時、1階と2階の通風が考慮されていない場合、熱が排出されず各階に熱がこもってしまいます。さらに天井付近に熱が留まることで、暖められた天井面からの輻射熱により室内が熱くなります。屋根窓や高窓を付けるなど、住宅全体で「上下の通風」を考慮した改善を行う事で風の流れを作りだすことができ、天井付近に熱気だまりがなくなり涼しく過ごせるようになります。

住宅全体で上下の空気の移動を設計することで涼しく過ごせるようになります。

断熱改修で得られるその他のメリット

断熱改修を行うことで夏に涼しく過ごせるだけでなく、他にもメリットがあります。

1.冬、家じゅう暖かく快適に暮らせる

断熱改修により断熱性能が良くなることで、冬には家じゅう暖かく暮らせるようになります。家じゅうが快適な温度になることでヒートショックによる脳卒中や心筋梗塞のリスクが低下します。

2.冷暖房費が節約できる

断熱改修により断熱性能が良くなることで少ないエネルギーで家の中を快適な温度に保てるようになります。そのため、冷暖房で使う電気が節約できます。暮らす方の身体、お財布と地球環境にとっても大きなメリットです。

断熱改修工事までの流れは?

断熱改修工事は、次の6つの流れで進みます。

断熱改修工事までの流れ

費用や工期の目安

断熱リノベーション工事にかかる費用は、住宅の大きさ、どのくらい性能を上げるか等により大きく変わります。現地確認も必要です。しかし、費用や工期、住みながら工事ができるのかという目安がわからないと見当がつかないと思いますので、参考として床面積30坪程度の住宅で断熱リノベーションを行った場合の費用について目安を記載いたしました。

工事概要 金額 工期 住みながら工事
①天井断熱材・吹き込み
  • セルロースファイバー250mm厚
300,000 2日 可能
②壁断熱材の追加(1)
  • 壁内への充填(高性能グラスウール16K 100mm厚)
1,000,000 2週間 可能
②壁断熱材の追加(2)
  • 外張り(高性能グラスウール16K 100mm厚)
1,000,000 2週間 可能
③全体の窓交換
  • 二重ガラス・樹脂サッシ
1800,000 2週間 可能
④南面の庇設置
  • 南面、窓上部への庇/軒の設置
600,000 2週間 可能
※工事費用・工期は、参考です。
  • 正式には、現地調査とご要望をお聞かせいただいてからの設計・見積もりが必要です。
  • 上記のすべての施工が必要なわけではありません。
室内が暑い!とお困りではありませんか? お問い合わせボタン

ページの先頭へ▲